Browning_Logo

Browning (ブローニング)

Browningといえばハンターの間では猟銃のメーカーというイメージが強いでしょう。
猟銃の場合、メーカーはBrowning Armsと言い、製造元は日本のミロク社です。
トレイルカメラはBrowning Trail Camerasというブランドで展開しています。
他にもハンティングウェアや女性用アクセサリー、寝具まで展開しています。

幅広いマーケットを持っているように思いますが実は猟銃以外はBrowningというブランドライセンスを借りた他社が展開しているビジネスモデルです。Browning Armsはライセンス借用ビジネスを行っています。

日本ではあまり馴染みがないビジネスモデルですがアメリカでは結構あるようでハンティング業界では例えば「迷彩柄ライセンス」ビジネスがあります。RealTreeMossy Oak、最近ではKryptekという迷彩柄が人気です。
ちなみにKryptekをトレイルカメラに使うとライセンス料1台につき約3ドルかかります。

Browning Trail CamerasもBrowningライセンスを借りた英国企業が2013年から展開しています。
トレイルカメラとしての基本性能が高く、米国のトレイルカメラ評価サイトでも常に高評価を得ており、トレイルカメラ市場は後発にも関わらずBushnellに並んで人気があるメーカーになりました。
今年で3代目となる2015年新モデル Browning Dark/Strike/Range は日本ではハイクストアが総代理店となり展開しています。
dark-1strike-1range-1

Dark       Strike       Range

機種評価も十分に行いメーカーとの縁もあって取扱いを始めましたが、トリガースピード0.67秒、リカバリータイム1秒という性能にトレイルカメラ市場の日進月歩を深く感じました。半年ごとに性能が良くなって、小さくなって、高画質にもなっていくにも関わらず価格も安くなっていく・・・。ユーザーにとっては素晴らしいことと感じるとともに製品開発に資金を投じる市場がそこにはある、と実感します。
日本市場はあまり重要視されませんが、そこはハイクストアが市場開拓を担うべきだと責任を感じています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です